海外競馬ニュース

News

アヴィリオスが豪快に差し切り、豪ジョージメインSで3度目のG1制覇

2019年09月22日 11:10

  • 友だち追加数

 豪G1ジョージメインステークス(3歳以上、芝1600m)が現地21日にランドウィック競馬場で行われ、後方追走から大外を回って直線に入ったアヴィリオスが、長く脚を使って2.3馬身突き抜けた。

 2番手追走のドリームフォースが粘り込んで2着。さらに1.3馬身差の3着争いはハッピークラッパーがベリーエレガントを抑え、4着まで人気順での決着となった。

 アヴィリオスは連闘で制した3月末のタンクレッドステークス以来となる白星で通算3度目のG1勝ち。重賞は通算8勝目としている。ジョージメインSは昨年までウィンクスが3連覇していた。

ページトップへ