新型コロナウイルスの競馬界への影響

海外競馬ニュース

News

ヴィクタールドラムが仏2000ギニー快勝、次走は仏ダービー有力

2020年06月02日 11:36

  • 友だち追加数

 現地1日、仏ドーヴィル競馬場にてG1仏2000ギニー(3歳牡馬、芝1600m)が行われ、M.バルザローナ騎乗のヴィクタールドラムが1馬人気に応えて快勝した。

 前走で初黒星を喫したヴィクタールドラムは後方待機のレース運び。残り400メートルあたりから直線コースの内側から進出すると手ごたえ十分に前をかわし、クラシック初戦を制した。

 1馬身半差の2着はG3フォンテンブロー賞でヴィクタールドラムに土をつけたザサミットが先行策から粘りこみ。さらにクビ差の3着にヴィクタールドラムの同厩馬アルソンが続いた。

 A.ファーブル厩舎のヴィクタールドラムは2歳時にG1ジャンリュックラガルデール賞を制すなどデビューから3連勝。3歳初戦のG3フォンテンブロー賞では3着に終わったが、今回はザサミットにも雪辱しての戴冠となった。なお馬主のゴドルフィン関係者によると、次走は仏ダービーが最有力だという。