新型コロナウイルスの競馬界への影響

海外競馬ニュース

News

​フィレンツェファイアが重賞6勝目、米G2トゥルーノースSを制す

2020年06月29日 12:06

  • 友だち追加数

 現地27日、米ベルモントパーク競馬場にてG2トゥルーノースステークス(ダート6.5ハロン)が行われ、I.オルティスJr.騎乗のフィレンツェファイアが1番人気に応えた。

 2着は1馬身半差でスタンザマンだった。

 ポセイドンズウォリアー産駒の5歳馬フィレンツェファイアは今年になってJ.サービス厩舎からK.ブリーン厩舎へ転厩。それから2戦目の今回で通算6度目の重賞勝ちを収めた。