新型コロナウイルスの競馬界への影響

海外競馬ニュース

News

ペルシアンキング、G2ミュゲ賞で仏2000ギニー以来の白星

2020年06月30日 11:41

  • 友だち追加数

 現地28日、仏サンクルー競馬場にてG2ミュゲ賞(芝1600m)が行われ、P.ブドー騎乗のペルシアンキングが1番人気に応えた。

 2着は1馬身1/4差でプレルヴィル。さらに3/4馬身差でスカレティが続いた。

 A.ファーブル厩舎のペルシアンキングはキングマン産駒の4歳馬。昨春にG1仏2000ギニーを制し、続くG1仏ダービー2着後に長期休養に入っていたが、今月10日の準重賞(2着)で復帰。叩き2戦目の今回はクラシック以来の勝利を手にした。