ドバイWCデー 特別インタビュー「アーモンドアイはほぼパーフェクト」騎手 クリストフ・ルメール

ドバイWCデー 特別インタビュー「アーモンドアイはほぼパーフェクト」騎手 クリストフ・ルメール

ドバイWCデー 特別インタビュー「アーモンドアイはほぼパーフェクト」騎手 クリストフ・ルメール

取材・文:平松さとし

撮影協力:smart center 京都, the garden カフェ「.S」

  • 友だち追加数

3月30日に行われるドバイ国際競走(UAE・メイダン競馬場)には、今年も日本馬が多数参戦する予定だ。その中でも注目は、ドバイターフ(芝1800m)に参戦予定の3冠牝馬にして衝撃レコードでジャパンCを制したアーモンドアイ(牝4、国枝栄厩舎)だろう。『JRA-VAN Ver. World』ではアーモンドアイ、さらにドバイシーマクラシック(芝2410m)に2年連続で参戦するレイデオロ(牡5、藤沢和雄厩舎)に騎乗予定のクリストフ・ルメール騎手にインタビュー取材を実施し、大一番に向けて語ってもらった。(取材日:2019年2月27日)

「ヴィクトワールピサのドバイWC制覇は本当に嬉しかった」

まずはドバイ国際競走、そのものに対するルメール騎手のイメージを教えてください。

ルメール騎手(以下、「 」のみ)「ここ20年くらいで世界中に有名になった開催ですね。僕がまだフランスにいる時代から、欧州のホースマンにとっても3月ラストのドバイは重要な位置付けになっていました。ロイヤルアスコットやブリーダーズC、メルボルンCデーや香港国際競走みたいに誰もが参加したい開催です。特にドバイは街全体がきらびやかでまるで大きなディズニーランドみたい。1週間くらいの滞在でレース以外にも楽しめます」

2006年にはハーツクライでドバイシーマクラシックを制しました。

「そうですね。彼(ハーツクライ)にとって初めて逃げる形だったけど、ハッピーに走ってくれました。あの勝利は僕自身の良いピーアールにもなりました。フランスへ帰ってから騎乗依頼が増えたんです。それだけドバイの開催は注目されているということを実感しましたね」

他にも印象に残っているドバイのレースはありますか?

「2011年にヴィクトワールピサ(M.デムーロ騎手が騎乗)がドバイワールドCを勝ったのは印象的でした。震災直後の日本に良いニュースになったと思います。オーナーの市川義美さんも個人的に家族ぐるみでお付き合いさせていただいていたので、本当に嬉しかったです」

昨年に続きレイデオロでドバイシーマクラシック挑戦(photo by Kazuhiro Kuramoto)

今年はアーモンドアイとレイデオロで臨みます。まずはドバイシーマクラシックのレイデオロ。昨年は折り合いを欠いて4着に敗れてしまいました。

「テンションが高くてスタートから後ろのポジションになってしまいました。落ち着いていれば日本ダービーの時のように道中で進出できたけど、興奮していたので前進させたらアウトオブコントロールになると思い、スローペースにもかかわらず動けませんでした」

現地で追い切りにも乗っていましたが、そうなりそうな雰囲気はあったのですか?

「そんな雰囲気はなかったです。追い切りは単走だったのですが、すごくモノ見をしていました。そのくらいリラックスしていました。でも競馬当日は沢山の人の喧騒と、ゲートでも扉を蹴飛ばす馬が2頭くらいいたため、そこで興奮してしまったと思います」

今年も環境的には同じようになる可能性もあるので心配ですね?

「でも昨年のドバイで掛かったからといって馬の気に任せずに抑えたことで、秋はこちらの指示に従ってくれるようになりました。勝利したオールカマーも天皇賞・秋も、負けたけど有馬記念だってリラックスして走れていました。1つ年齢を重ねていますし、昨年のようなことはないと願っています」

レイデオロにとってベストの距離は何メートルだと感じていますか?

「2~3歳時は2000メートルくらいだと感じました。でも昨年あたりからは2400メートルが良くなっています。昨秋に勝った天皇賞は2000メートルだけど、東京コースでペースもキツくなったことで、純粋な2000メートルよりもスタミナが必要になりました。それはレイデオロにとって良かったと思います」

シーマクラシックはさらに10メートル伸びて2410メートルです(笑)。

「うーん。あと10メートル……。多分大丈夫。行けると思います(笑)」

相手関係はどう考えておられますか?

スワーヴリチャードシュヴァルグランといった日本勢はもちろん怖いです。エイダン(オブライエン調教師)らヨーロッパ勢も当然怖いけど、ドバイではゴドルフィン勢がなんといっても注意が必要です。実際、昨年も勝ちまくりましたからね」

「アーモンドアイが負けるとしたら……」

アーモンドアイについて「不安材料はない」と語るC.ルメール騎手(photo by Kazuhiro Kuramoto)

ではアーモンドアイについてお聞かせください。まず1800メートルのドバイターフに使うという点。昨年のジャパンCのパフォーマンス、また今秋には凱旋門賞を目指すならシーマクラシックへ行くべきと思いました。レイデオロとの関係もあったのかもしれませんが、このあたりルメール騎手はどうお考えですか?

「もちろんどちらでも良い競馬ができると思います。ただ、彼女にとって今回は休み明けになるので少しショートディスタンスの方が良いのではないでしょうか。休み明けということでエキサイトするかもしれないし、引っ掛かる可能性もある。そういう意味では2400メートルより1800メートルという選択肢もおかしくないと思います」

久しぶりの実戦というのはやはり不安材料ですか?

「休み明けでどういう走りになるかな?という気持ちはあるけど、心配というほどではありません。彼女にはそれを補って余りある能力がありますからね」

では、逆に不安材料があるとすればどんな点でしょう?

「ないです(笑)。現時点で心配なことは何もありません」

  • 友だち追加数
ページトップへ