ドバイターフ

Dubai Turf

2019/3/30(土) 24:20発走 

UAEメイダン競馬場

  • 友だち追加数

日本馬挑戦の歴史

日本馬の歴史

ジャスタウェイの圧勝から続く連対、今や日本調教馬は支配的勢力

ドバイワールドカップデーの各レースの中で4勝を挙げ、日本調教馬が最も勝利を挙げているのがドバイターフ。とりわけ近年の躍進ぶりには目を見張るものがある。

ドバイターフ(デューティフリー)の創設当初は日本調教馬の参戦が少なく、2001年にイーグルカフェが初参戦してから2頭目が現れるのに5年を要した。ドバイワールドカップ、シーマクラシックとも2001年には連対を果たしていたが、ドバイターフは2007年まで待つことになる。

2007年のドバイターフには半年前に天皇賞(秋)とマイルCSを連勝したダイワメジャー、ちょうど1年前のクラシック戦線で中心を担い、常に注目を集めてきたアドマイヤムーンが参戦する。両雄は日本調教馬の初制覇へ高まる期待に見事に応え、アドマイヤムーンが早めのスパートから突き抜けて快勝すると、ダイワメジャーも粘りの走りで3着を確保した。

ただ、その後も日本馬のドバイターフ参戦は散発的で、期待されたウオッカも4着(2008年)、7着(2009年)に終わった。しかし、2014年には一挙3頭が遠征し、ジャスタウェイが記録にも記憶にも残る圧巻の走りで2勝目をもたらす。ともに遠征したトウケイヘイローが作る弛みないペースに乗ったジャスタウェイは、最終コーナーから前の馬群をひと飲みにすると直線独走。終わってみればレース史上最大の6馬身1/4差、従来のレコードを2秒余り短縮して圧勝する。公式レーティング130は2014年の世界最高だった。

ジャスタウェイの驚異的なパフォーマンスを境に、ドバイターフにおける日本馬の成績も飛躍的に向上し、2016年にはリアルスティールが待望のG1初制覇。続く2017年はヴィブロスが並み居る牡馬を一蹴し、日本調教馬は出走機会3連勝を決める。また、2018年は勝利こそならなかったものの、ヴィブロスが2着、リアルスティールとディアドラは3着を分け合うなど、今や日本調教馬にとって最も勝算の立つレースとなった。

馬名 性齢 着順 騎手 調教師
2018 ヴィブロス 牝5 2 C.デムーロ 友道康夫
リアルスティール 牡6 3 M.バルザローナ 矢作芳人
ディアドラ 牝4 3 C.ルメール 橋田満
クロコスミア 牝5 7 岩田康誠 西浦勝一
ネオリアリズム 牡7 8 J.モレイラ 堀宣行
2017 ヴィブロス 牝4 1 J.モレイラ 友道康夫
2016 リアルスティール 牡4 1 R.ムーア 矢作芳人
2014 ジャスタウェイ 牡5 1 福永祐一 須貝尚介
ロゴタイプ 牡4 6 C.デムーロ 田中剛
トウケイヘイロー 牡5 7 武豊 清水久詞
2012 ダークシャドウ 牡5 9 福永祐一 堀宣行
2009 ウオッカ 牝5 7 武豊 角居勝彦
2008 ウオッカ 牝4 4 武豊 角居勝彦
アドマイヤオーラ 牡4 9 安藤勝己 松田博資
2007 アドマイヤムーン 牡4 1 武豊 松田博資
ダイワメジャー 牡6 3 安藤勝己 上原博之
2006 ハットトリック 牡5 12 O.ペリエ 角居勝彦
アサクサデンエン 牡7 16 武豊 河野通文
2001 イーグルカフェ 牡4 9 武豊 小島太
  • 友だち追加数
ページトップへ