コラム

Column

【世界の馬主紹介 Vol.6】アンソニー・オッペンハイマー

2018年08月29日 15:00

  • 友だち追加数

1937年6月11日生まれ。イギリスの馬主、生産者。長年にわたりダイヤモンド産業の最大手であるデビアスグループを支配したオッペンハイマー家の出身で、ダイヤモンドの流通をコントロールする中央販売機構のトップでもあった。

競馬への情熱は父フィリップ卿から受け継いだもの。父は1960年代にイギリスのニューマーケットにハスクーム&ヴァリアントスタッドを創設し、1982年のG1英1000ギニーとG1サセックスSを制したオンザハウス、1997年のG1コロネーションSに勝ったレベッカシャープなどを生産した。

なお、デビアスグループはG1キングジョージ6世&クイーンエリザベスSのスポンサーを2006年まで30年以上にわたって務め、その期間の同レースはキングジョージ6世&クイーンエリザベスダイヤモンドSという名称で施行。1978年にはフィリップ卿が一部所有していたイルドブルボン(本邦輸入種牡馬)がこのレースに勝っている。

アンソニーは1995年に父が亡くなったのを受けて馬関係の事業を継承。基本的には牡馬は売却し、牝馬を手元に残すスタイルだが、2015年にG1英ダービー、G1凱旋門賞、G1愛チャンピオンS、G1エクリプスSなどに勝ち、欧州年度代表馬に選ばれたゴールデンホーン(自家生産馬)は1歳時にセールに上場されたが主取りになり、アンソニーの所有馬として走ることになった(売却した生産馬には英2000ギニー馬フットステップスインザサンドなどがいる)。

2017年には自家生産馬のクラックスマンがG2グレートヴォルティジュールS、G2ニエル賞、そして7馬身差で圧勝したG1英チャンピオンSと重賞3連勝。クラックスマンは2018年もG1ガネー賞とG1コロネーションCに優勝している。現役所有馬は10頭程度。

近年のG1勝ち
2018年:
コロネーションC(イギリス):クラックスマン
ガネー賞(フランス):クラックスマン

2017年:
英チャンピオンS(イギリス):クラックスマン

文:秋山 響(TPC)

ページトップへ