コラム

Column

【世界の騎手紹介 Vol.10】ドナカ・オブライエン

2018年08月08日 14:00

  • 友だち追加数

ドナカ・オブライエン騎手は1998年7月22日、アイルランド生まれ。父はアイルランドで20回(1997年、1999年~2017年。ホースレーシングアイルランドの統計による)、イギリスでも6回チャンピオントレーナーに輝くエイダン、母は元調教師(1992年/1993年のアイルランド障害チャンピオントレーナー)のアンマリー。

4人きょうだいの末っ子で、長男のジョセフは19歳だった2012年にキャメロットで英G12000ギニー、英ダービーを制し、2012年、2013年と2年続けてアイルランドのチャンピオンジョッキーに輝いた元騎手(現調教師)。長女サラはアマチュア騎手、次女アナはプロ騎手で、後者は2017年のG1英ダービーではジアンヴィルとのコンビで女性騎手として史上3人目の出場を果たした(17着)。

初勝利は16歳だった2014年9月7日の愛ダンドーク競馬場。父が管理するクォーツで挙げた。その後も順調にキャリアを積み、2016年にはG1モイグレアスタッドSを兄ジョセフの管理馬イントリケイトリーで制してG1初制覇を果たすとともに、48勝を挙げてアイルランドの見習い騎手チャンピオンの座に就いた。2017年には父エイダンの管理馬ハッピリーで制したG1モイグレアスタッドSを含む62勝を挙げてアイルランドの総合ランキングで3位に躍進した。

大きくブレイクしたのは2018年。5月のG1英2000ギニーをディープインパクト産駒の日本産馬サクソンウォリアーで制すと、6月にはG1英オークスをフォーエバートゥギャザー、G1愛ダービーをラトローブで優勝(サクソンウォリアーとフォーエバートゥゲザーは父エイダン、ラトローブは兄ジョセフの管理馬)。兄と同じく19歳という若さでイギリスとアイルランドのクラシックを制して見せた。22歳で騎手から調教師に転身した兄ジョセフと同様、長身であることから体重のコントロール面がこの先ネックになってくる可能性が高そうだが、しばらくはその手綱から目が離せない。

近年のG1勝ち
2018年:
愛ダービー(アイルランド):ラトローブ
英オークス(イギリス):フォーエバートゥギャザー
英2000ギニー(イギリス):サクソンウォリアー

2017年:
モイグレアスタッドS(アイルランド):ハッピリー

2016年:
モイグレアスタッドS(アイルランド):イントリケイトリー

文:秋山 響(TPC)

ページトップへ