コラム

Column

【世界の騎手紹介 Vol.9】コリン・キーン

2018年07月25日 14:00

  • 友だち追加数

2017年に23歳の若さでアイルランドのチャンピオンジョッキーに輝いた若手のホープ。

キーン騎手はアイルランド出身。1994年9月12日生まれ。アイルランドで調教師をしている父ゲリーの影響で小さいことから馬に親しみ、障害飛越競技やハンティング、そしてアイルランドでは非常に盛んなポニー競馬で腕を磨いた。

その後、騎手ライセンスを取得して、2010年12月10日にダンドーク競馬場で父の管理するノートリミングズで初勝利をマーク。2013年9月にはG3ソロナウェーSをブレンダンブラッカンで制して重賞初制覇を果たすと、翌2014年には54勝を挙げてアイルランドの見習い騎手チャンピオンに輝いた。

2014年夏からはジャー・ライオンズ厩舎の主戦を務めており、2015年にはアイニッペで挙げたG3バリオーガンSやG3ブラウンズタウンSなど重賞4勝を含む65勝でランキング2位にまで浮上した。

2016年も2位(77勝)だったが、2017年には100勝を挙げて、ついにパット・スマレン騎手を抑えて初のチャンピオンタイトルを獲得した。また、同年10月にはイタリアのG1リディアテシオ賞をラガノアで優勝。記念すべきG1初勝利を果たしている。

近年のG1勝ち
2017年:
リディアテシオ賞(イタリア):ラガノア

文:秋山 響(TPC)

ページトップへ