海外競馬ニュース

News

ブレイブスマッシュは少差の4着、マニュエルが豪G1のC.F.オーSを逃げ切り

2019年02月10日 10:30

  • 友だち追加数

 豪州における2019年最初のG1レースC.F.オーステークス(3歳以上、芝1400m)が現地9日にコーフィールド競馬場で行われ、D.ウィアー調教師の不祥事に伴う急な転厩から出走してきたブレイブスマッシュは、ゴール前の接戦に加わるものの勝ち馬から0.6馬身差の4着に惜敗した。

 ブレイブスマッシュと並び9番人気のマニュエルが逃げ切りで1着。0.5馬身差の2着は1番人気のケメンタリと2番人気のランドオブプレンティが同着で分け合った。

 マニュエルは日本にもシャトル供用されたコマンズ産駒の5歳セン馬で、重賞、G1とも初制覇。今回が3回目の重賞挑戦だった。

ページトップへ