海外競馬ニュース

News

仏二冠狙うペルシアンキング、ロイヤルアスコット開催には不参戦の見込み

2019年05月29日 11:19

  • 友だち追加数

 今週末のダービー(6月2日)で2000ギニーとの仏二冠を狙うペルシアンキング。管理するA.ファーブル調教師は2010年のロペデヴェガで二冠を達成しており、さらにダービーはパントレセレブル(1997年)、アンテロ(2013年)、ニューベイ(2015年)でも制している。

 ペルシアンキングは昨年に後の英2000ギニー馬マグナグリーシアを破ったが、今季はここまで地元に留まっている。ファーブル師は「前走以降は順調だし、日曜(2日)へも上手く運んでいるよ」というものの、「日曜に上手くいったとして、彼をロイヤルアスコットへ向かわせるには少し間隔が短いように思う。でも、チャンピオンズデーはシーズン末の選択肢になるだろうね」と、仏ダービーから3週以下になるロイヤルアスコット開催に、ペルシアンキングが参戦する可能性が低いことを示唆した。

 仏ダービーにはペルシアンキングを含む20頭が登録しており、その中には僚馬のローマンキャンドルとスラロームの名前もある。また、A.オブライエン調教師はモーホーク、ノルウェー、ヴァンベートーヴェン、アンソニーヴァンダイク、ケープオブグッドホープらの登録を残し、そのうち何頭かは英ダービーにも手配済み。C.アップルビー調教師のブリーダーズカップジュベナイルターフ馬ラインオブデューティー、R.ヴェリアン調教師のサーフマンも英仏ダービーにエントリーしている。

ページトップへ