海外競馬ニュース

News

米G2フルールドリスH、イレイトがG1牝馬の競演を完勝

2019年06月16日 13:05

  • 友だち追加数

 現地15日に米チャーチルダウンズ競馬場でG2フルールドリスハンデキャップ(3歳以上牝馬、ダート9ハロン)が行われ、6頭一団で進む馬群の3、4番手を進んだ1番人気イレイトが、前方で叩き合うG1ホース2頭を並ぶ間もなく差し切り、1馬身1/2差で完勝した。

 3番人気のブループライズが2番人気シーズアジュリーと直線入口から競り合い、アタマ差で2着争いを制している。

 イレイトは2017年のアラバマステークスとベルデイムステークスでG1連勝の実績があるが、重賞制覇は昨年7月のG2デラウェアハンデキャップ以来となる通算4度目。昨年は2戦しただけに終わり、今年は3月のG2アゼリステークスで2着、前走のG1アップルブロッサムハンデキャップでは3着に敗れていた。

ページトップへ