凱旋門賞2021/10/3(日) 23:05発走 パリロンシャン競馬場

注目馬NOTABLE HORSE

クロノジェネシス

性齢 牝5
バゴ
クロノロジスト
母の父 クロフネ
調教師 斉藤崇史

昨年の宝塚記念を6馬身差で圧勝し、本格化を印象づけたクロノジェネシスだが、1年が経過してなお成長を続けている様子には驚かされるばかりだ。この1年間で天皇賞(秋)、有馬記念、ドバイシーマクラシック、そして前走の宝塚記念と4戦しかしていないが、有馬記念と宝塚記念でG1レース2勝を追加。日本調教馬として初めて凱旋門賞に挑戦したスピードシンボリ、そしてグラスワンダーに続く史上3頭目のグランプリ3連覇を達成した。

敗れた天皇賞(秋)にしても史上最多G1レース9勝のアーモンドアイから1馬身以内、ドバイでは欧州最強クラスのミシュリフと叩き合ってわずかにクビ差という展開ひとつの内容。当面の敵となるはずだったミシュリフは凱旋門賞を回避することになり、追い風も吹き始めた。

ぶっつけ本番で臨むパリロンシャン競馬場への対応力は未知数だが、ドバイ遠征で海外を経験済みという安心感はある。宝塚記念から3か月ぶりの休み明けも、有馬記念からドバイ、そして宝塚記念と来た一連のレース間隔と同じで何ら心配はない。前走の宝塚記念はキャリア最高体重の一方でステッキを2発受けただけの完勝と肉体的な余裕、伸びしろをまだまだ感じさせる。そして、父は2004年の凱旋門賞馬バゴという血統面も魅力。延べ27頭が挑んできた日本調教馬の中に凱旋門賞馬の産駒は1頭もおらず、クロノジェネシスには血のアシストがあるかもしれない。