香港スプリント

2021/12/12(日) 15:40発走 シャティン競馬場

沿革HISTORY

香港スプリント(G1)
2021年12月12日 (日) 15:40[現地時間 2021年12月12日 (日) 14:40]
香港 シャティン競馬場
芝右1200m 3歳以上
負担重量:牡・セン馬 57kg、牝馬 55.25kg(南半球産3歳は各4kg減)

賞金総額:2400万香港ドル(約3億6000万円)
1着賞金:1368万香港ドル(約2億520万円)
※1香港ドル=15円で換算



昨年に続き今年も総賞金が200万香港ドル(約3000万円)増額。香港カップ、香港マイルで公表されているのと同様、芝1200m(6ハロン)のG1レースとして世界最高賞金となった。合わせて1着賞金も114万香港ドル(約1710万円)加増され、日本のスプリンターズS、高松宮記念との比較ではそれぞれ7000万円余りの開きがある。

1999年のレース創設時から国際G3に格付けされ、それ以降は1年ごとに昇格。4年目の2002年には早くも国際G1に格付けされた。当初は直線1000mで施行されていたが、2006年にコーナーのある1200mに条件変更。これにより2400mの香港ヴァーズまで400m刻みで施行される香港国際競走4レースのプログラムが整った。

創設こそ他の3レースより遅いものの、地元の香港勢は2002年のG1昇格から8連勝したのをはじめ、2020年までの19回中15勝と海外からの遠征馬を圧倒し続けている。海外からの遠征馬はG3およびG2時と合わせても計6勝止まり。G1昇格後の4勝のうち3勝は日本調教馬によるもので、2012年と2013年に連覇のロードカナロア、2020年のダノンスマッシュが父子制覇を果たしている。それ以外ではストレイトガールの3着(2014年)が目立つ程度と日本調教馬は苦戦傾向にある。なお、2013年のロードカナロアは2着馬にレース史上最大の5馬身差をつけた。

G1昇格後の連覇はロードカナロアとサイレントウィットネス(2003、2004年)、ミスタースタニング(2017、2018年)の3頭。セイクリッドキングダム(2007年、2009年)とエアロヴェロシティ(2014年、2016年)も2勝している。