コラム

Column

【世界の調教師紹介 Vol.4】ジョン・サイズ

2018年04月19日 10:00

  • 友だち追加数

香港を代表する調教師のひとり。香港のチャンピオントレーナーには20012002年、20022003年、20032004年、20052006年、20072008年、20092010年、20112012年、20152016年、20162017年と計9度も輝いており、20172018年シーズンも首位を走っている。

サイズ調教師はオーストラリア出身で、1954710日生まれ。15歳の頃から厩舎で働き、24歳の若さでクイーンズランド州において調教師免許を取得した。その後1990年代前半にはブックメーカーの成績分析員を務めていた時期もあったが、1995年に再び調教師業に専念。1996年にニューサウスウェールズ州のランドウィック競馬場に厩舎を構えるとメキメキと頭角を現し、2000年にG1ジョージライダーSをアルマンスール、G1クイーンエリザベスSをジョージーボーイで制してトップトレーナーの仲間入りを果たした。

その後、20012002年シーズンに香港に拠点を移動。すると、最初のシーズンからエレクトロニックユニコーン(香港年度代表馬)でローカルG1LG1)のスチュワーズCを制すなど活躍して、いきなりチャンピオンタイトルを獲得した。

2004年にはリヴァーダンサーでG1クイーンエリザベスⅡ世Cに勝ち、香港での初G1制覇を記録。そのほか、当時の香港短距離三冠(LG1ボーヒニアスプリントトロフィー、LG1センテナリースプリントCLG1チェアマンズスプリントプライズ)を達成して香港年度代表馬に輝いたグランドディライト、G1香港マイルの勝ち馬グロリアスデイズ、G1香港スプリントのミスタースタニングG1チャンピオンズマイルを制したコンテントメント、サイトウィナーなど手がけたトップホースは数多い。今年のピンハイスターでの勝利を含め香港ダービーも3勝。20162017年の94勝はそれまでアンソニー・クルーズ調教師が持っていた香港記録(91勝)を上回る新記録だった。

近年のG1勝ち
2018年:
センテナリースプリントカップ(香港):ディービーピン

2017年:
香港スプリント(香港):ミスタースタニング
チャンピオンズマイル(香港):コンテントメント

2016年:
クイーンズシルバージュビリーカップ(香港):コンテントメント

文:秋山 響(TPC)

ページトップへ