コラム

Column

【世界の騎手紹介 Vol.6】トミー・ベリー

2018年06月05日 13:13

  • 友だち追加数

 香港を拠点に活躍するトミー・ベリー騎手はオーストラリア出身。1991年1月21日生まれ。父は元騎手で、現在はオーストラリアのウォリックファームに厩舎を持つケビン。双子の弟であるネイサンは、重賞を制したこともある、将来を嘱望された騎手だったが、残念ながら2014年4月にノース(NORSE)症候群という極めて珍しい病気を患って23歳という若さで亡くなった。

 10歳頃から父の厩舎を手伝っていたトミーは16歳だった2006年に騎手免許を取得。すると、瞬く間に頭角を現し、2009/2010年シーズンにはオーストラリア・ニューサウスウェールズ州における見習い騎手チャンピオンの座に就いた。

 やがて名門ゲイ・ウォーターハウス厩舎の2番手騎手に収まったトミーは2012年9月のG1ゴールデンローズSをエポレット(ピーター・スノーデン厩舎。ウォーターハウス厩舎のカバヤンには当時の主戦ナッシュ・ローウィラーが騎乗)で制してG1初制覇。これで波に乗ると、翌年4月6日にはウォーターハウス厩舎のオーバーリーチでG1ゴールデンスリッパーS、4月20日にはG1ドンカスターマイルをセイクリッドフォールズ(クリス・ウォーラー厩舎)で優勝。さらにその勢いは留まることなく、今度は香港での短期免許初日(4月28日)にいきなりミリタリーアタックでG1クイーンエリザベス2世カップを制して、香港の競馬ファンの度肝を抜いた。

 その後はウォーターハウス厩舎の主戦として、バンクーバーで2015年のG1ゴールデンスリッパーSに勝つなどする一方で、スポット参戦した香港でもデザインズオンロームで2014年のG1クイーンエリザベス2世カップや香港ダービーに優勝するなど大活躍。これで香港での地位を確立すると、2015年前半にはフリーとなり、2017/2018年シーズンからは香港での通年騎乗をスタート。当初はジョン・ムーア厩舎の主戦という立場だったが、今年4月からはフリー(クラブジョッキー)となっている。

 上記以外では、シャトークアでG1TJスミスSを2015年から3連覇したほか、2016年のG1チェアマンズスプリントプライズに優勝。G1オーストラリアンダービーは2016年にタヴァゴで勝ち、G1シンガポール航空国際カップも2014年、2015年とダンエクセルで連覇している。

近年のG1勝ち
2017年:
TJスミスS(オーストラリア):シャトークア
ランドウィックギニー(オーストラリア):インファレンス
クイーンズシルバージュビリーカップ(香港):ヘレンパラゴン
スチュワーズカップ(香港):ヘレンパラゴン

2016年:
クイーンズランドダービー(オーストラリア):イーグルウェイ
チェアマンズスプリントプライズ(香港):シャトークア
TJスミスS(オーストラリア):シャトークア
オーストラリアンダービー(オーストラリア):タヴァゴ
香港ゴールドカップ(香港):デザインズオンローム

文:秋山 響(TPC)

ページトップへ