コラム

Column

【世界の騎手紹介 Vol.3】ザカリー・パートン

2018年04月17日 18:00

  • 友だち追加数

ジョアン・モレイラ騎手とともに、現在の香港を代表する騎手のひとり。愛称はザック。

パートン騎手はオーストラリア出身で、198313日生まれ。競馬とは無縁の家庭で育ったが、15歳で競馬の世界に飛び込み、17歳だった2000年に騎手ライセンスを取得。20022003年シーズンにはまだ見習い騎手の身でありながら、クイーンズランド州のメトロポリタン(主要競馬場)におけるリーディングを獲得した。

さらなる高みを求めてニューサウスウェールズ州シドニーに拠点を移し、20052006年、20062007年と2シーズン続けてランキング2位(1位は豪殿堂入りを果たすダレン・ビードマン騎手)。2006年にはエキサイツでG1AJCサイアーズプロデュースSを制してG1初制覇を果たした。

20072008年シーズンからは香港での騎乗をスタート。2シーズン目に3位に食い込んで早くも頭角を現すと、2010年にはフェローシップでローカルG1LG1)のスチュワーズCを制して待望の香港におけるビッグタイトルを獲得。2012年にはリトルブリッジとのコンビで英国ロイヤルアスコット開催のG1キングズスタンドSに優勝したほか、日本のワールドスーパージョッキーズシリーズに初出場して初制覇を決めた。

その後、20132014年シーズンはそれまで13シーズン続けて王座に君臨していたダグラス・ホワイト騎手を抑えて香港のチャンピオンタイトルを獲得。この2014年にはアドマイヤラクティでオーストラリアのG1コーフィールドCに優勝したほか、母国を代表するマイル戦であるG1ドンカスターマイルをセイクリッドフォールズで優勝(ドンカスターマイルは2017年にも制覇)。2015年には日本でもエアロヴェロシティG1高松宮記念を制した。

香港国際競走はG1香港カップをタイムワープG1香港マイルをアンビシャスドラゴンとビューティーオンリーG1香港スプリントをエアロヴェロシティ(2回)、G1香港ヴァーズをドミナントで勝っており完全制覇を達成した。

近年のG1勝ち
2018年:
クイーンズシルバージュビリーカップ(香港):ビューティージェネレーション
香港ゴールドカップ(香港):タイムワープ

2017年:
香港カップ(香港):タイムワープ
ドンカスターマイル(オーストラリア):イッツサムホワット

2016年:
香港マイル(香港):ビューティーオンリー
香港スプリント(香港):エアロヴェロシティ
ザJ.J.アトキンス(オーストラリア):セイクリッドエリクシール
ATCサイアーズプロデュースS(オーストラリア):ヤンキーローズ

文:秋山 響(TPC)

ページトップへ