コラム

Column

【世界の騎手紹介 Vol.1】ジェームズ・ドイル

2018年03月27日 12:00

  • 友だち追加数

ウィリアム・ビュイック騎手とともにイギリスとUAEにおけるゴドルフィン(ドバイのモハメド殿下が率いる馬主組織)の主戦騎手を務める。ゴドルフィンのチームに加わった当初はサイード・ビン・スルール調教師の主戦という形だったが、現在は広くゴドルフィンの馬に騎乗する。

170cmを超える長身が目立つジェームズ・ドイル騎手は1988422日にイギリスで誕生。母は元調教師のジャクリーン。姉のソフィーは現在アメリカで騎手をしており、2015年にはG2サラブレッドクラブオブアメリカSに優勝した。ドイル騎手は20056月にイギリスで初勝利。翌年には年間73勝の好成績を残したが、見習い騎手のタイトルはわずかの差で逃した。その後は勝ち星が減って低迷。一時期は騎手を辞めて、配管工になろうかと思ったこともあったという。

大きく視界が開けたのは20123月のこと。G1ドバイデューティフリー(現ドバイターフ)を、目をかけてくれていたロジャー・チャールトン厩舎のシティスケープで制して、世界にその名を大きく轟かせたのだ。実はこのレースは本来であれば主戦であるスティーヴ・ドローン騎手が騎乗するはずだったが、体調不良でお鉢が回ってきた形。G1初騎乗での初制覇だった。

その後、2013年の前半にはチャールトン厩舎のアルカジームG1プリンスオブウェールズSG1エクリプスSなどに優勝。すると同年の夏にはサウジアラビアのアブドゥラ殿下が率いるジャドモントファーム(シティスケープの馬主だった)の主戦騎手に抜擢され、翌年には欧州年度代表馬に選ばれたキングマンとのコンビでG12000ギニー、G1セントジェームズパレスSG1サセックスSG1ジャックルマロワ賞を制したほか、ノーブルミッションでもG1英チャンピオンSG1サンクルー大賞などに優勝した。

現在の立場であるゴドルフィンの主戦騎手の座に就いたのは2015年1月。以降、ナイトオブサンダーで勝ったG1ロッキンジS、アフリカンストーリーのG1マクトゥームチャレンジラウンド3、バーニーロイのG1セントジェームズパレスS、リブチェスターのG1ムーランドロンシャン賞などに優勝。ゴドルフィンの所有馬ではないが、2018年はシーオブクラスでG1愛オークスとG1ヨークシャーオークス、ポエッツワードでG1キングジョージ6世&クイーンエリザベスSとG1プリンスオブウェールズSを制するなど大レースでの活躍が目立った。16年末から17年初めにかけては、馬券を購入したことで18カ月の騎乗停止処分を受けたジェームズ・マクドナルド騎手の代わりとしてオーストラリアにおけるゴドルフィンの主戦を務めた。

近年のG1勝ち
2018年:
サールパートクラークS(オーストラリア):ジャングルキャット
ヨークシャーオークス(イギリス):シーオブクラス
キングジョージ6世&クイーンエリザベスS(イギリス):ポエッツワード
愛オークス(アイルランド):シーオブクラス
プリンスオブウェールズS(イギリス):ポエッツワード
アルクオーツスプリント(UAE):ジャングルキャット
ジェベルハッタ(UAE):ブレアハウス

2017年:
マルセルブーサック賞(フランス):ワイルドイリュージョン
ムーランドロンシャン賞(フランス):リブチェスター
ゴールドカップ(イギリス):ビッグオレンジ
セントジェームズパレスS(イギリス):バーニーロイ

文:秋山 響(TPC)

ページトップへ