DATA SEARCH

競馬データ検索

データ検索

データ
TOPへ
ビューティージェネレーション

  • ビューティージェネレーション

    Photo by Kazuhiro Kuramoto

  • ビューティージェネレーション

    Photo by Getty Images

  • ビューティージェネレーション

    Photo by Getty Images

  • ビューティージェネレーション

    Photo by Getty Images

  • ビューティージェネレーション サムネイル
  • ビューティージェネレーション サムネイル
  • ビューティージェネレーション サムネイル
  • ビューティージェネレーション サムネイル

プロフィール

ビューティージェネレーションは香港競馬における史上最強馬と称しても過言ではないだろう。4年に及ぶ活躍で得た賞金総額は最多の1億623万3750香港ドル、香港における18勝(34戦)とレーティング127は最高タイ、1600mと2200mのレコードタイム保持(2020年現在)と、残した記録の数々がそれを証明している。香港ジョッキークラブは引退を伝えるリリースに“Record-setting icon”と記して別れを惜しんだ。

ニュージーランド産のビューティージェネレーションは豪州でキャリアをスタートさせた。モンテーニュという名前で迎えた初陣は3歳夏の1月と遅れたが、2戦目から2連勝で秋の重賞戦線に挑み、勝利こそならなかったもののランドウィックギニーで不利を受けながら5着、ローズヒルギニーでは2着と好走。さらに、2400mのザBMWでも古馬を相手に4着に善戦すると、デビュー間もない頃から受けていたオファーが7桁、つまり100万豪ドルを超える金額でまとまり、次戦に予定していた豪ダービーを急きょ回避して香港のJ.ムーア厩舎へと移籍することになった。

モンテーニュは9か月後の12月末にビューティージェネレーションと名前も新たに再始動すると、豪州と同様に2戦目で初勝利を挙げ、そこから4歳三冠シリーズへと突入した。しかし、初戦の香港クラシックマイルと3戦目の香港ダービーで3着に善戦したものの、ひと足早く豪州から移籍していた僚馬ラッパードラゴンによる史上初の三冠達成の引き立て役に終わった。

ダービー直後にはシャティン競馬場で芝2200mのレコードをマークする一方、続くクイーンマザーメモリアルCで距離の限界を見せるように完敗してシーズン終了。そして、その1週後にはビューティージェネレーションの将来を左右する一大事が発生する。ラッパードラゴンが香港チャンピオンズマイルで事故死してしまったのだ。

ビューティージェネレーションは明け5歳シーズンからマイル路線に専念することになった。すると、初戦のセレブレイションCで重賞初制覇を飾り、さらにシャティンTも連勝。続くジョッキークラブマイルは中盤から次々と競られる展開で3着に敗れたものの、香港マイルを堂々と逃げ切ってG1初制覇を果たす。シーズン後半もクイーンズシルバージュビリーCと香港チャンピオンズマイルを制して年度代表馬に選出された。

ビューティージェネレーションの鞍上はチャンピオンズマイルからZ.パートンに固定され、明け6歳のシーズンにピークを迎えた。この2018/2019シーズンはG1レース4勝を含む無傷の8連勝を達成。香港マイルでは巡行スピードの違いを見せつける異次元の走りで日本のヴィブロス以下を寄せつけずに圧勝し、香港競馬史において最高タイのレーティング127を獲得する。パートン自身も認めるベストパフォーマンスにより、豪州のウィンクスと並んで2018年の世界最強マイラーと認められたビューティージェネレーションは、当然のように2季連続の香港年度代表馬に輝いた

このまま1強時代が続くかに思われたが、ビューティージェネレーションも年齢には勝てないことが明らかになっていく。7歳を迎えた2019/2020シーズンは初戦を幸先良く飾って史上3頭目の10連勝を達成したものの、2戦目に1年半ぶりとなる黒星を喫してしまう。当時は他馬より6.5kg余り重いハンデが敗因と思われたが、2.5kg差に詰まった次戦でも敗れると、続く香港マイルでは日本の3歳馬アドマイヤマーズにねじ伏せられて3連敗。シーズン後半に入りクイーンズシルバージュビリーCで3連覇を達成したものの、最終戦の香港チャンピオンズマイルでは競り負け、年度代表馬のタイトルも逃すことになった。

シーズン後にはムーア師が香港ジョッキークラブの規定により勇退となり、ビューティージェネレーションはD.ヘイズ調教師の管理で明け8歳も現役を続けた。しかし、4連覇がかかる初戦のセレブレイションCで2着に敗れると、2戦目のシャティンTでは史上2頭目の三冠馬ゴールデンシックスティに先を越され、引退レースと報じられた香港マイルでも同馬に完敗の5着。新王者にバトンを引き継ぐようにターフに別れを告げ、豪州にある引退馬繋養施設のリビングレジェンズで余生を送ることになった。

基本情報

生年 2012
性別
毛色 鹿毛
Road To Rock
Stylish Bel
母父 Bel Esprit
調教師 D.ヘイズ
生産者 Nearco Stud Limited
馬主 Patrick Kwok Ho Chuen
通算成績 41戦20勝[20-6-7-8]

競走成績

開催日 場所 レース名 動画 着順 騎手 トラック 距離 馬場状態
2020/12/13 シャティン 香港マイル(G1) 5 Z.パートン 1600
2020/10/18 シャティン シャティントロフィー(G2) 6 Z.パートン 1600
2020/09/27 シャティン セレブレイションカップ(G3) 2 Z.パートン 1400
2020/04/26 シャティン 香港チャンピオンズマイル(G1) 2 Z.パートン 1600
2020/04/05 シャティン チェアマンズトロフィー(G2) 1 Z.パートン 1600
2020/02/16 シャティン クイーンズシルバージュビリーカップ(G1) 1 Z.パートン 1400
2020/01/19 シャティン 香港スチュワーズカップ(G1) 2 Z.パートン 1600
2019/12/08 シャティン 香港マイル(G1) 3 Z.パートン 1600
2019/11/17 シャティン ジョッキークラブマイル(G2) 3 Z.パートン 1600
2019/10/20 シャティン シャティントロフィー(G2) 3 Z.パートン 1600
2019/10/01 シャティン セレブレイションカップ(G3) 1 Z.パートン 1400
2019/04/28 シャティン 香港チャンピオンズマイル(G1) 1 Z.パートン 1600
2019/04/07 シャティン チェアマンズトロフィー(G2) 1 Z.パートン 1600
2019/02/17 シャティン クイーンズシルバージュビリーカップ(G1) 1 Z.パートン 1400
2019/01/20 シャティン 香港スチュワーズカップ(G1) 1 Z.パートン 1600
2018/12/09 シャティン 香港マイル(G1) 1 Z.パートン 1600
2018/11/18 シャティン ジョッキークラブマイル(G2) 1 Z.パートン 1600
2018/10/21 シャティン シャティントロフィー(G2) 1 Z.パートン 1600
2018/10/01 シャティン セレブレイションカップ(G3) 1 Z.パートン 1400
2018/04/29 シャティン 香港チャンピオンズマイル(G1) 1 Z.パートン 1600
2018/04/08 シャティン チェアマンズトロフィー(G2) 5 D.ホワイト 1600
2018/02/25 シャティン クイーンズシルバージュビリーカップ(G1) 1 Z.パートン 1400
2018/01/28 シャティン 香港スチュワーズカップ(G1) 7 K.リョン 1600
2017/12/10 シャティン 香港マイル(G1) 1 K.リョン 1600
2017/11/19 シャティン ジョッキークラブマイル(G2) 3 K.リョン 1600
2017/10/22 シャティン シャティントロフィー(G2) 1 K.リョン 1600
2017/10/01 シャティン セレブレイションカップ(G3) 1 K.リョン 1400 稍重
2017/04/30 シャティン クイーンマザーメモリアルカップ(G3) 8 Z.パートン 2400
2017/04/09 シャティン ハンデ戦 1 Z.パートン 2200
2017/03/19 シャティン 香港ダービー(L) 3 Z.パートン 2000 稍重
2017/02/19 シャティン 香港クラシックカップ(L) 11 Z.パートン 1800
2017/01/22 シャティン 香港クラシックマイル(L) 3 Z.パートン 1600
2017/01/08 シャティン ハンデ戦 1 Z.パートン 1600
2016/12/27 シャティン ハンデ戦 2 Z.パートン 1400
2016/03/26 ローズヒルガーデンズ ザBMW(G1) 4 D.オリヴァー 2400
2016/03/19 ローズヒルガーデンズ ローズヒルギニー(G1) 2 B.シン 2000 稍重
2016/03/05 ランドウィック ランドウィックギニー(G1) 5 J.コレット 1600
2016/02/20 ローズヒルガーデンズ ホバートヴィルステークス(G2) 3 J.コレット 1400
2016/02/06 ランドウィック ハンデ戦 1 J.コレット 1600
2016/01/20 ウォリックファーム 未勝利戦 1 M.ベル 1400 稍重
2016/01/07 ウォリックファーム 未勝利戦 2 T.アングランド 1100 不良

距離別

距離 1着 2着 3着 4着以下 出走回数 勝率 連対 3着内率
~1400m 7 3 1 0 11 64% 91% 100%
1401m~1800m 12 2 5 6 25 48% 56% 76%
1801m~2100m 0 1 1 0 2 0% 50% 100%
2101m~ 1 0 0 2 3 33% 33% 33%

馬場状態別

馬場状態 1着 2着 3着 4着以下 出走回数 勝率 連対 3着内率
良馬場 17 4 6 8 35 49% 60% 77%
稍重馬場 2 1 1 0 4 50% 75% 100%
重馬場 1 0 0 0 1 100% 100% 100%
不良馬場 0 1 0 0 1 0% 100% 100%